FC2ブログ
眼鏡工房ヤマモト ブログ
京都市北区のメガネ専門店 眼鏡工房ヤマモトです。 HPはこちら http://www.yamamoto-megane.com/index.html
最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



アクセスカウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大人の女性に
メガネフレームをファッションアイテムの一つとして、
カジュアル感覚に楽しむ、
大人可愛いコレクションがBCPC(ベセペセ)

一部モデルを紹介させていただきます

BP-3212_COL01.jpg

BP-3212   ¥29,160
2重に巻かれたように見える
細身のデザインは、
カラーを重ねる事で
小顔効果を図っています。



BP-3214_COL01.jpg

BP-3214  ¥31,320
 クラシカルタイプですが、
細身に仕上げる事で
女性らしさを演出できます。

BP-3215_COL01.jpg

BP-3215 \29,160
両サイドのヨロイパーツが
程よいアクセントに。
甘くなりすぎず、
可愛らしさを演出します。

BCPC(ベセペセ)の最新モデルから
定番の人気モデルまで
ドドドーンと売り場に100枚取り揃え、
明後日の24日(金曜日)~26日(日曜日)迄
『トランクショー』を開催します。

ご来店お待ちしてまぁーす。

セールのお知らせ
さあ! 明日から三日間
ベセベセ トランクショウ

24日(金)の新聞折込チラシでもお知らせしています


24(金)~26(日) 3日間

セベセベ  トランクショウ  開催

IMG_0001.jpg


トランクショウとは?

メーカーやデザイナーが生地見本やサンプルを
トランクに詰めて直接顧客を回り、展示販売会を
したことから由来    簡単に言えば

ブランドのお披露目会です

沢山のフレーム達が、見ていただきたくて、待っています

CIMG5167.jpg

ベセベセ(BCPC

メガネをファションアイテムとカジュアルに捉える女性の
ブランドとして生まれました
生活が「こころよい」 「楽しく」なるように、
着替える、楽しむことをコンセプトとしたフレームです
品質は安心の Made in Japan

是非 お気軽にご来店下さい
お待ちしています

   ( 同時開催 )
「中近両用メガネ」 体験フェアー
   12月30日まで

中近レンズは遠近レンズと比較して
手元の見やすさ、快適さの違いを
お試しレンズで体験して頂き、
その良さを確認して下さい
ただ、遠方は少しぼやけますので
車などを運転される方には、

  遠く専用レンズを
  プレゼント
(お持ちのフレーモにお入れします)

IMG.jpg

メガネフレーム ・ラフォン
<メガネフレーム ラフォンは
1923年フランス パリでルイ・ラフォンが創業し誕生しました
繊細な色と大胆な生地使いが定評のラフォン
その後、国際的メガネの展示会パリの「シルモード」で
その繊細な色遣いを世界が絶賛し、グランプリを受賞
その後も数々の賞を受賞
そのフレーム作りは、多くの工程が手作業で進められ
その内の、いくつかの作業は数人の熟練したスタッフにしか
出来ないものもあります

ラフォンは
京都では百貨店と、あと数点の限られたお店でしか
取り扱えない商品です


  ヴァンドーム 676    37,800円(税込み)
日本オリジナルの限定モデル
フロントのブロー部分の隙間は、エッチングでくり抜き、レーザ仕上げをしています
メタル部分は拭き取り手法によるツートンのカラーリング

s-178.jpg


s-179.jpg



   トリアノン 3080   37,800円(税込み)   
ブリッジは立体的なカッティングで作られ、若々しいイメージで
生き生きとしたデザインになっています
ヴァンドームと同じ手法で作られています

  s-175.jpg

s-176.jpg


   テオドラ 1033  34,560円(税込み)

ソフトシェイブバージョン。 
フロントは蝶をモチーフとしています
ベベルカット(斜めにカットをして裏生地を見せる手法)が施されています

s-CIMG4882.jpg

s-CIMG4883.jpg

続きを読む
タイトル
老眼とカッコ良く付き合いませんか?プレミアムエイジセットについて

「遠近両用だと手元の視野が狭くて見ずらい」
「老眼鏡だとテレビやパソコンの画面がボヤケて見え、掛け外しが面倒」
という声を、お仕事からリタイヤされ、
室内で過ごす時間が増えたお客様(60歳以上)から
最近、よく耳にするものですから…
若々しくアクティブに過ごす60歳以上の方々へ
眼鏡工房ヤマモトから新提案

プレミアム



『プレミアムエイジセット』を導入いたしました。
(同じような悩みを持っている全ての年齢の方にお求めいただけます。)

「中近両用ってどんなレンズ?」というお話ですが、
『手元から屋内、もしくは室内が見える』新発想のサポートレンズです。

基本は老眼鏡なので新聞や雑誌・パソコンの画面などがしっかり見え、
屋内や室内であれば不自由なく掛けたまま歩けます。
見え方のイメージは下記画像のような感じです。


S中近


img_comparison_02[1]<



《中近両用》 老眼鏡にくらべ、数メートル先まで見えます。
※遠くの見え方は、作るフレームや度数によって個人差があります。
※注意点としては、中近両用で運転はできません。あくまで屋内、室内用です。

《老眼鏡》の見え方は下記画像のようなイメージです 
usage_tv_compare2[1]


運転やお買い物と違い、家にいる時には手元から数メートル先までの距離を
見ることがほとんどなので、そんな時に中近両用はとても便利で使いやすいですよ。
『外出には遠近両用』
『室内では中近両用』
『長い時間手元だけを見る時は老眼鏡』
という感じで用途に応じて上手にメガネを使い分けていただくと、
毎日をより快適に過ごしていただけると思います。


従来の中近両用レンズは手元は見やすいものの、
1, 2メートル先しか見れず、室内を歩いたり、
立ち仕事では使いにくい部分がありましたが、
レンズ設計の開発が進み、ユガミが少なく、
屋内、室内レベルの広さ(2m~4m)であれば見渡せ、
お慣れになると歩くこともできます。

百聞は一見に如かずと申します、
当店では中近両用のテストレンズを用意していますので、
実際に見え方をお試し頂き、
老眼鏡との違いや便利さを体験していただけますので、
是非、お気軽にご来店下さいませ。

新ブランドフレーム入荷
          新商品 導入

今年10月に東京で日本において最大のメガネ展示会「IOFT」が開催されました
国内の主たるメーカーと海外の一流ブランドが集まる華麗な展示会で
デザイン・軽さ・フイット感と全てに満足の出来るフレーム
MODO(モド)を発注してきました

待っていたその商品が入荷しました

イタリアブランドのMODO 
1990年ニューヨークSOHOで誕生しました

ファッションに敏感なニューヨーク、ミラノ、ストックホルムからデザインを
受けてフレームの組み立て、品質チェックは日本で行っています



s-IMG_1128.jpg

フレームに使用するベーターチタン材料は、わずか6.8グラム、0.6ミリの薄さです。
フレームは、まさに掛けていることを感じさせない軽さです。
0.6ミリの薄さのベーターチタンフレームは顔にしっくりとなじみ、
絶対的な快適さを約束します。
インナー素材には暑さ2.1ミリの弾性樹脂を使い
他には無いホップな色合いのフレームです

これまでに経験したことの無い
この軽さ・フイット感を 体感してください



No.4502 LAPIS \32,400

s-IMG_1144.jpg


No.4064 BURG \32,400

s-IMG_1147.jpg



No.4509 NVYMB ¥32,400
s-IMG_1150.jpg


No.4408 BURG ¥32,400

s-IMG_1151.jpg


No.4408 TORT ¥32,400
s-IMG_1152.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。